火龍炎舞の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ブシロード社様にヴァイスシュヴァルツのことで問い合わせました

<<   作成日時 : 2009/09/29 12:31   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

仕事場に広めて暇なときに対戦してるのですが、疑問がいくつか出て、大抵はヴァイス公式ページのQ&Aやヴァイスwiki辺りで解決できるのですが、それでもわからないことがあったのでちょっと問い合わせたて、回答をいた大体ので記載します〜

まずは質問文から(3つです)
-------------------------------------------------
キャラカードの能力である、"【自】チェンジ"にて以下の様に記載されていた場合ど
ちらの解釈が正解なのかをご教授願います。

あなたのアンコールステップの始めに、このカードが【レスト】しているなら〜

@自分のターンのアタックフェイズのアンコールステップにて、その瞬間レスト状態
のカード全てが対象

A自分のターンのアタックフェイズのアンコールステップにて、
アンコールステップでの一番最初の処理かつ、レスト状態の状態のカードが対象

例として、SB/S06-058(カード名:“風林火山”武田 信玄)3枚を舞台前列3つの枠に
それぞれプレイし、舞台前列全てのキャラにてアタックを実行し
(それにより舞台前列全てのカードがレスト状態となった)、アンコールステップに突
入した場合、舞台前列全てのカードにおいて"【自】チェンジ"能力が使えるのか。

-------------------------------------------------

以下のそれぞれの条件においてその条件に対する解釈があっているかをご教授願いし
ます。

条件
@現在自分のターンであり、自分は現在レベル3・クロック6・山札1、相手はレベル
3・クロック6の場合で、アタックサブフェイズのトリガーステップを実施した場合
A現在自分のターンであり、自分は現在レベル3・クロック6、相手はレベル3・ク
ロック6・山札1の場合で、アタックサブフェイズのダメージステップにて相手に1ダ
メージを与えた場合

条件に対する解釈
@トリガーステップにて山札の上から1枚を解決領域に置き(総合ルールの
7.3.1.2.)、山札が0になったことにより、割り込み型ルール処理であるリシャッフル
処理を実施し、その後、
トリガーステップの最後(総合ルールの7.3.1.3.)のチェックタイミングでのルール処
理(総合ルールの8.4.1.1.)にてチェック型ルール処理であるリフレッシュポイント解
決処理を実施する事により、
クロックが7になったことにより、割り込み型ルール処理であるレベルアップ処理が
発生し、レベルが4となり、チェック型ルール処理である敗北判定処理になりこの時
点で自分の敗北となり、
以降の(アタックサブフェイズの)ステップへは行かない。

Aダメージステップにてダメージ処理により山札の上から1枚を解決領域に置き(総合
ルールの4.8.1.1.)、山札が0になったことにより、割り込み型ルール処理であるリ
シャッフル処理を実施し、その後、
ダメージ処理によりクロックが7になったことにより、割り込み型ルール処理である
レベルアップ処理が発生し、レベルが4となり、
ダメージステップの最後(総合ルールの7.5.1.3.)のチェックタイミングでのルール処
理(総合ルールの8.4.1.1.)にてチェック型ルール処理である敗北判定処理になりこの
時点で相手の敗北となり、
以降の(アタックサブフェイズの)ステップへは行かない。

-------------------------------------------------

SB/S06-039(カード名:“氷の面”毛利 元就)において、キャラカードの能力におい

【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の《武器》のキャラを
1枚選び、控え室に置く。
となっているが、《武器》のキャラを1枚控え室に置く事ができない場合の処理はど
のようになるのでしょうか。
-------------------------------------------------

ここからブシロード社様に頂いた回答となります。
(掲載することについて許可は頂いております。)

>"【自】チェンジ"
@自分のターンのアタックフェイズのアンコールステップにて、
その瞬間レスト状態のカード全てが対象
になります。

複数のチェンジなどの自動能力が同時に誘発している場合、
それらの中から1つずつ選び、順番にプレイして解決します。

>条件に対する解釈@A
はい、いずれも問題ございません。

>“氷の面”毛利 元就
〈あなたは自分の《武器》のキャラを1枚選び、控え室に置く〉
で置かれるキャラは、自分の舞台のキャラです。

そのため、この自動能力をプレイして解決する時に、
自分の舞台に《武器》を持つキャラが、「“氷の面”毛利 元就」しかいない場合、
その「“氷の面”毛利 元就」を選び、控え室に置きます。

何らかの理由で自分の舞台に《武器》を持つキャラがいない場合、
効果の解決に失敗し、何も行わずに終了します。


やっぱり調べてもどうしても分からないことについてはちゃんと聞いてみるべきですね。
ありがたやありがたや。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブシロード社様にヴァイスシュヴァルツのことで問い合わせました 火龍炎舞の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる